vol.6 毛皮のリメイク

眠っていた毛皮のエレガンスを甦らせる

ゴージャスでラグジュアリーなファー(毛皮)は、秋冬のファッションには欠かせない素材。けれども、毛皮のロングコートとなると、最近では着ている人をあまり見かけません。「日本では、バブルの頃にお求めになった毛皮のコートを、クローゼットで眠らせたままにしていらっしゃる方が多いようです」と話すのは、ファーを中心としたオリジナル&セレクトショップ「BIJOUX(ビジュウ)」の目黒京絵さん。

「BIJOUX」では「大切にしまったままの毛皮をなんとかしたい」というお客さまの声に応えて、2008年から毛皮のリメイクをスタートしました。その背景には、目黒さんの「エレガントな存在の象徴ともいえる毛皮を箪笥(たんす)の肥やしにしておくのはもったいない」という思いがあったといいます。「ニットデザイナーだった母がファーをたくさん持っていたので、子どもの頃からファーは身近な存在でした。大学卒業後に欧米で働くようになってからは、寒冷地だったので毛皮は必需品。パリやミラノで見た、ファーをまとったエレガントなマダムの姿が印象に残っています」

かつては貴族しか着ることができなかったという最高級のファー・ロシアンセーブル(クロテン)のリメイクボレロ。つややかな毛並みが美しい。

ロシアンセーブルのリメイクケープをトルソーに着せる目黒さん。

目黒さんによると、ミンクやセーブルといった高品質な毛皮は耐用年数が約70年と長く、また熱さえ避ければお手入れも簡単だとのこと。「毛皮は長持ちする上、意外に扱いやすい素材です。さらに、毛足に隠れて縫い目が見えなくなるので、リメイクに適しているんですよ。もちろん保温性は抜群ですから、しまいこまずぜひ身に着けていただきたいですね」

セーブルのリメイクストールは、身に着けやすいデザインが好評。

フォックスのリメイクファーカラー(付け襟)。首に巻けば襟元がゴージャスになるほか、写真のようにバッグに付けてもおしゃれ。

一生ものの毛皮を若い世代へ

本物の素材だからこそ、手を入れることでより華やかに生まれ変わる。

目黒さんが手がける毛皮リメイクの特徴は、トレンドを反映したデザインと着心地の良さ。「襟のデザインひとつで印象は大きく変わりますし、毛皮の種類によっても映えるデザインが違ってきます。素材の良いところを生かすとともに、部分使いやリバーシブルなど、日常的に使いやすいようにしています」。また、着心地の良さに欠かせないのが、日本の職人の繊細な技術なのだとか。「海外では着なくなった毛皮は売ってしまうことが多いですが、私が手がけるのは、お客さまの大切な毛皮を、ご本人やご家族のためにリメイクするもの。体形に合わせて着心地良く作り替えるには、繊細さや真面目さといった心掛けが必要なんです」

リメイク前には、イメージスケッチを描く。

「BIJOUX」には、華やかなファーが並ぶ。

ケープの片側には、繊細な手刺しゅうを施した。

独特のカタチをしたファー用のミシン。

若い世代に向けたリメイクとして取材時に見せていただいたのは、ロシアンセーブルのロングコートを、ボレロ、ケープ、カフス、ロングストールの4点にリメイクしたもの。ボレロとケープはリバーシブルで、繊細なレースや刺しゅうがかわいらしい印象です。「一点ものの毛皮を扱うリメイクは慎重さも求められますし、腕のいい職人さんも必要で、実は大変な仕事。でも、お客さまから『また着られるようになった』と喜んでいただくのがうれしい。質のいい毛皮は一生ものですから、ご自身はもちろん、娘さんやお孫さんへと引き継ぐお手伝いができれば、とても幸せなことだと思っています」

お嬢さまがヨーロッパに留学されるのを機に、ご自身がお母さまから頂いたロングコートを、ボレロ、ケープ、カフス、ロングストール(バッグに巻いてある)にリメイク。20歳のお嬢さまが身に着けやすいように、リバーシブルの片面はかわいらしいイメージに仕上げている。

目黒京絵(めぐろきょうえ)

1981年 早稲田大学教育学部卒業。卒業後はアメリカで宝石鑑定士として活躍。その経験と人脈を生かし、帰国後にオリジナルブランド「BIJOUX」を立ち上げ、代表取締役兼デザイナーに。著名人のパーソナルスタイリストも務める。

http://www.royalsable.com

リフォームについての無料カタログ請求・ご相談はこちら

リフォームのことがもっとよくわかる 無料カタログプレゼント リフォーム総合カタログにはWEBに掲載されていない情報が満載。無料でカタログをプレゼントします。
専門のスタッフがお答えします リフォーム相談室(無料) リフォームに関する質問・疑問・相談をWEBで無料受付中。お気軽にご相談下さい。

TOP

このページの先頭へ